元引きこもりのブログ

引きこもりは脱しました

最近つらいこと

 つらいことに突き当たって、少し嫌な思いをしたときに、それを見ないふりしてやり過ごすという対処方法も一つの選択肢だと思うのだけど、そうやってるうちにどうにもならなくなって結局大事故を起こした、みたいな経験も自分は何度かしているので、今回は自分の辛い気持ちをできるだけ正直に書いてみて、どんな考えが思いつくか見てみようと思う。

 ●放送大学の勉強に遅れはじめていること。放送大学の授業は一回45分であり、録画授業も自分の好きな時に視聴できるので、ぶっちゃけ普通の大学とは比べ物にならないくらい楽だろう。でも、学習内容で分からなかったところがあって、そこで躓いてしまった。挫折感が心に残ってしまって、テキストを読むのもつらい。こんな調子では今後勉強やっていけないかもしれないなどと考えて、不安になる。

 ●受験勉強を始めたのはいいが、もう一度挫折しそうなこと。前にも一度受験勉強を始めようとしたことがあった。その時には、受験勉強の計画を立てるために勉強時間の推計をしたら、あまりの必要時間の多さにびっくりし、そして自分の失ってきた時間の多さと貴重さを意識することになり、ほとんどパニックになってしまった。結果として自分にとってはかなり無理のある勉強計画を立ててしまい、1週間と持たずに破綻することになって、メンタルが大変悪化した。今回はそうなって欲しくないし、ちゃんと現実的な計画を立てようと頭では思っているのだが、日を追うごとに焦りが強くなってきていて、前回と同じことになるんじゃないかと思うと、怖くてたまらない。

 ●自分のやっていることが無意味に思えてしまうこと。俺がぼーっとしながら過ごす時間とか、いまだに数IAを唸りながら解いてる時間とか、何か意味があるのか、と考えてしまう。いやもちろん自分にとっては意味のある時間なのだろうけど、例えばマラソン大会で、ついていこうと頑張って走ってもどんどん抜かれていくような、頑張りが現状の挽回につながらないばかりか、努力が足りないので差は広がっていく一方みたいな状況に、辛さを感じる。

 

 書き出してみたけど、都合のいい対策は思いつかないな。まあいいや。夜更かしはメンタルによくないので、今日はもう寝て、明日考えよう。