読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもりのブログ

引きこもりのブログ

日記

 あんだけ続けて日記を書いてたもんだから、なんか書かないと気持ち悪いというか、落ち着かなくなってしまった。

 

 大多数の人が高校に進学して、過半数が大学に進学するという現実の中で、もうすでに自分は「へんな人」に分類されてしまっているんだなあ、と。この先ずっと生きていくうち、自分と多数者との隔絶は広がり続けるだろう。高校の3年間、大学の6年間、社会人のα年間。それぞれで培っていくはずのものを、自分は取りこぼし続けるのかなあ。今ですら怖いのに、そこまで行ったら、社会復帰の難易度はどれだけ高くなるのか。まあそんなことを考えても、何が変わる訳でもないよな。

 

 あんまり嫌なことは考えたくない。たとえそれが正しくても、嫌なことであるというだけで、弱った心には毒になる。でも、逃げ続ける人生というのも、なんだか悔しいよなあとは思う。先人たちの言葉によれば、「超えなきゃいけない壁」というものが人生にはあるらしいので、それは見逃さないようにして、チャレンジしていける自分でありたい。

 

 勉強が手につかないので、部屋の整理をしていたら、未開封の鉛筆とか消しゴムが出てきて、テンション上がった。そういや消耗品は3つくらい買いためておく人間だった。でも整理が悪くて必要な時には大体無くしてたな。リスかよ。角がある消しゴムってのは嬉しいもので、今日は1時間半勉強してた。こういうサプライズを用意するために、何か文房具を買ってきて、家にばらまくのもありかもしれないと思った。