読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもりのブログ

引きこもりのブログ

SAD

自分

 先日精神科にかかり、SAD(社交不安障害)だと診断された。自分としてはもっと複雑な要因があり、それを分析してもらうにもそこそこ手間はかかるだろうと思っていたので、出会って10分くらいでこれでしょうとSADの冊子を見せられて、拍子抜けしたような、どこか納得がいかないような気持ちだった。

社交不安障害(SAD、社会不安障害社会恐怖)とは、人前で何かをすると緊張してしまい、ひどく苦痛であるか、それから逃げてしまう、避けてしまう状態(避けてしまうことが必須ではありません)のこととされています。

 これがSADの定義らしいが、症状の像は想像しやすい所がある。でも、SAD的な気質が作りあがる要因には、いじめからちょっとした人前での失敗までかなり多様なものがありそうで、それを一括りに治療するなんて出来るんだろうか。

 まあ自分は全くの門外漢なんで、そういう名前がついているということは、大まかに治療の方針も決まっていて、それが効果を上げているということなんだと思う。

 なんか特定の薬がSADの患者にはよく効くらしく、とりあえず飲んで寝る。