五分日記

 一度つまずいてしまうとそこからうまく言葉を見つけられなくなって、結局書いたものを全て消してしまうことが度々ある。それなら時間制限を設けて一気に書いてしまうというのはどうだろうか、という考えのもとの試みである。

 1ヶ月ほど前モルモットを飼い始めた。白黒がメインでおしりの方に茶色の模様があるミケだ 見た瞬間にあんみつソフトクリームが思い浮かんだのでアイスという名前をつけた。かなり臆病な性格であるらしく、一ヶ月経った今でも触れ合うことができていない。それでも、遠巻きに見るだけでも和やかな気持ちになれるので幸せだ。おやつとして与える雑草を毎日取りに行くのも、運動と日向ぼっこになってよい。

大学の授業が難しい

 前にも書いた通り、今年度から放送大学で学び始めた。放送大学は授業のほとんどを通信で受けられる大学で、時間的や地理的な制約が少ないためか、学生の多くは働いている人や定年退職した人たちだ。大学側も、そういった一度学問から離れた人たちのために、本格的な授業に必要となる知識や考え方を学ぶ、入門コースを用意していて、自分もそこから学び始めた。

 なのだが、入学して2週間、さっそく壁にぶち当たりつつある。入門コースなら簡単ではないかと思ったが、自分にとってはそんなことはなかった。一度予習して授業を見た程度だと、まったく理解が追い付かない。だから勉強時間を増やしたが、やっぱりわからないところはわからない。何をどうすれば理解できるようになるのか、その手掛かりすらもつかめず、水の中で溺れているようで苦痛だ。

 自分で体験しなければわからないことがたくさんあるけれど、大学の勉強が大変だということも、(少しではあれ)身をもって学べた。世の中の大学生は、皆すごいことをやってるんだなぁ。